トップ
メッセージ
カリキュラム・コース紹介
フィールドワーク
教員紹介・授業紹介
イベントレポート

多文化・国際協力学科設立記念シンポジウム

『今、女子大で学ぶ — フィールドワークの現場からみる多様性と包摂』

2019年4月、津田塾大学が新たに設置する多文化・国際協力学科では、全ての学生がフィールドワークを実施し卒業研究を行います。多様性を包摂する共生社会とは程遠い様々な問題を抱える現代社会。本シンポジウムでは、アフリカやアジアで研究を行い女子大で教鞭をとる研究者が、豊かなフィールドワークの経験をもとに、多様性と包摂の可能性に向けて発信します。今、女子大でこんな面白いことが学べる!それを実感してください。

日時:2018年12月15日(土)14時~17時
会場:津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパス SA207教室
定員:70名(参加費無料)

講演:
八塚 春名 (日本大学国際関係学部助教 生態人類学 2019年津田塾大学多文化・国際協力学科講師就任予定)
古沢 希代子 (東京女子大学現代教養学部教授 国際開発協力論)
杉下 智彦 (東京女子医科大学国際環境・熱帯医学講座教授、国際保健)
石井 洋子 (聖心女子大学人間関係学科准教授 文化人類学)

『今、女子大で学ぶ — フィールドワークの現場からみる多様性と包摂』チラシ

アーカイブ

2019年

2018年