トップ
メッセージ
カリキュラム・コース紹介
フィールドワーク
教員紹介・授業紹介
イベントレポート

木村 朗子 教授

文化とジェンダー、
日本研究(古典)

日本のジェンダー、セクシュアリティをめぐる文化研究、特に女性問題が専門です。また震災後文学論として現代の文学、映画、美術も研究しています。

松山 章子 教授

国際保健論、世界の健康科学、社会調査

⼈々が健康や病をどのように捉え、どのような⾏動をとるのか、地域の社会・⽂化的⽂脈の中で理解する「医療⼈類学」が専⾨です。

三砂 ちづる 教授

国際保健論、
ヒューマン・セクソロジー

公衆衛生の一分野である疫学を専門とし、母子保健、国際保健分野の研究をしています。

三澤 健宏 教授

地域研究入門、
国際人口論

ラテンアメリカの人口と開発に関連する現代的課題についてマイノリティや周辺地域に焦点を当てて研究しています。

川端 浩平 准教授

多文化共生論、
マイノリティ論

フィールドワークと聞き取り調査というアプローチから、日本社会における多文化化をめぐる考察を深め、共生のための課題について研究しています。

木村 真希子 准教授

国際社会学、先住民論、
国際移動論

インド北東部のエスニック運動や紛争を研究しています。現地調査で現場の状況を分析すると同時に、国際的な運動やグローバル化の影響を考察しています。

丸山 淳子 准教授

文化人類学、
開発と文化、貧困問題

アフリカの少数民族や先住民の生活や社会関係の変化を、フィールドワークによって明らかにし、彼らが直面している現代的課題を考察しています。

八塚 春名 講師

国際協力論
 

アフリカと日本の山村をフィールドに、生業活動と自然資源の利用について研究をおこない、資源利用の持続性や人間の暮らしの多様性について考えています。

研究業績・教員情報データベース

各先生の研究業績はこちらでご覧いただけます。
 

人口現象とは何か ―地域と歴史から考える―

国際人口論

三澤 健宏 教授

人口研究とは、出生、死亡、移動から成る人口現象を、地域と歴史の視点から理解する試みです。すなわち、こうした現象の背景には、地域特有の社会、文化、政治、経済、歴史的文脈があり、それらを包括的に理解するには、人口統計の数字を分析するだけでは不十分です。例えば、人口増加は多くの発展途上国では貧困、食糧、環境を悪化させる「社会問題」とみなされる一方で、少子高齢化が進む先進国では、経済の活力や社会保障制度を支える基盤として歓迎されます。このように、同じ人口現象でも、それぞれの社会が抱える状況によって意味が変わってきます。また、移民・難民のように、人口現象が国や地域を超えて結びついていることに気づくことが重要です。この講義では、人口現象の理解を深めるために複数の具体的な事例を取り上げます。私の調査地は主にメキシコですが、学生はあらゆる地域を考察の対象としています。

グローバル化する社会の民族問題を考える

国際社会学

木村 真希子 准教授

国際社会学はグローバル化する世界において、一国内の社会が多文化化したり、ヒトやモノが国境を越えて移動することによって生じる現象を分析する学問です。国民国家の枠を越える越境的なプロセスや、国民社会が人の国際移動やマイノリティの復興運動によって多文化化している状況を対象としています。授業では、まずエスニシティやナショナリズムの基本的な考え方や概念を理解することを目指します。そして、排外主義やジェンダーとナショナリズムなど、現代社会における民族問題のあり方について考え、身近な問題について理論を使って批判的に考えることを試みます。さらに先住民族や移民など、現代社会における「マイノリティ」と呼ばれる人びとの視点から世界を捉え直します。

津田塾大学 多文化・国際協力学科 © 2018 Tsuda University.