トップ
メッセージ
カリキュラム・コース紹介
フィールドワーク
教員紹介・授業紹介
イベントレポート

木村 朗子 教授

文化とジェンダー、
日本研究(古典)

日本のジェンダー、セクシュアリティをめぐる文化研究、特に女性問題が専門です。また震災後文学論として現代の文学、映画、美術も研究しています。

三砂 ちづる 教授

国際保健論、
ヒューマン・セクソロジー

公衆衛生の一分野である疫学を専門とし、母子保健、国際保健分野の研究をしています。

三澤 健宏 教授

地域研究入門、
国際人口論

ラテンアメリカの人口と開発に関連する現代的課題についてマイノリティや周辺地域に焦点を当てて研究しています。

木村 真希子 准教授

国際社会学、先住民論、
国際移動論

インド北東部のエスニック運動や紛争を研究しています。現地調査で現場の状況を分析すると同時に、国際的な運動やグローバル化の影響を考察しています。

丸山 淳子 准教授

文化人類学、
開発と文化、貧困問題

アフリカの少数民族や先住民の生活や社会関係の変化を、フィールドワークによって明らかにし、彼らが直面している現代的課題を考察しています。

着任予定教員の主な研究分野

新任教員(予定)

国際ウェルネス、医療人類学、ジェンダーと健康、社会開発と健康、リプロダクティブヘルス

新任教員(予定)

国際協力論、環境の認識と利用、民族植物学、生態人類学、アフリカ地域研究

新任教員(予定)

多文化共生論、社会学、カルチュラル・スタディーズ、日本研究(JapanStudies)