多文化・国際協力学科学科発信メディア

イベント

公開授業 いまフィリピンで起こっていること

2019.05.10

多文化・国際協力学科設立記念公開授業
『いまフィリピンで起こっていること —ネグロスの事例を中心に—』

フィリピンの農村地域では、長年にわたり、農地改革や公正な労働環境などを求める人びとに対する深刻な人権侵害が起こっています。砂糖やバナナ、鉱物資源などの消費者としてフィリピンと深く結びついている私たちには何ができるのでしょうか。そして、何をやめるべきなのでしょうか。
同国で人権活動に携わっておられるロサンデさんから、農民や農業労働者が直面する深刻な人権侵害の現状とその背景、そして、ご自身の関わりについてご報告頂きます。

日時:2019年5月16日(木)10時30分~12時
会場:津田塾大学 小平キャンパス 5号館 5101教室

講演者:
ジョン・ミルトン・ロサンデ(サトウキビ労働者組合事務局長、農業労働者組合理事)
ファシリテーター:
勅使川原香世子(明治学院大学国際平和研究所研究員)

関連する記事